現行法

現行法上、帰化して日本国籍を取得した者への選挙権、被選挙権、公務就任権等の参政権付与について、帰化してからの世代数や年数について制限はない。

これは、帰化したらすぐに日本の国会議員、更には内閣総理大臣にすらなれるという事だ。

極端な話、習近平氏や金正恩氏や文在寅氏が帰化して内閣総理大臣になる事もできる。極端に過ぎるというのであれば、彼らと同じ考え方、行動原理の外国人が内閣総理大臣になる事ができる。

政治家の配偶者の国籍の問題に比すれば、この危険性は認識している方が多いと思う。

⇒政治家の配偶者の国籍

 

他方、日本が好きで日本の為に働くつもりならいいのではないかという意見もある。

確かに、帰化した人の中にも覚悟を決めて、真に日本人として生き、日本のために働く意思を持っている方もいるだろう。

 

だが、そうでない者もいる。社会福祉やインフラ目当て、更には日本の政界に入り込み自国のために活動すべく帰化する者もいる。

実際、二重国籍が問題となった立憲民主党の蓮舫議員は福祉やパスポート目当てで嫌々帰化したと自身で述べている。他にも「祖国(韓国)のために働く」と明言する、同じく立憲の白眞勲議員のような輩もいる。そのように表に出さない者の方が多いだろうから、自国の為に政治家や官僚をはじめとする公務員になっている者は相当な数になっているだろう。

 

そのような者は排除し、真に日本を愛し、日本の為に働く意思のある人にだけ参政権を認めればいいという意見もある。

確かにそれが最善ではある。

ただ、その為には「真に日本を愛し、日本の為に働く意思」があるかを見極めなければならない。

残念ながら、そんな事は不可能だ。他人の心底を見極めることなど出来ない。

 

二代目、三代目

では、帰化した本人、帰化1世は別として、帰化2世、3世はどうか。

なるほど、日本で生まれ育った2世以降なら参政権を認めても問題がないかとも思える。

しかし、人間、自身の来歴、ルーツはどうしても意識する。小泉進次郎議員の妻、滝川クリステル氏(日仏ハーフ)も、自身のアイデンティティに悩んだという。

選挙における投票、公務員としての職務、政治家としての活動において、自分のルーツがある国を意識し、その便宜を図ってしまう事はありうる。

 

竹島問題も、遠因として徳川綱吉が朝鮮との間で国境の線引きを明確にし切らなかった、その理由として綱吉の祖母が朝鮮人であった可能性が指摘されている。

近年は名君という評価がなされる徳川綱吉だが、その名君にしてから祖母が外国人であったためブレたということになる。綱吉に日本に対する悪意や軽視があった訳でもないだろうが、それでも後世に禍根を残す事となった。

現代の政治家でも同様の事、自分のルーツがある国の便宜を図り、日本に災いをもたらしてしまう事は当然起こりうる。

 

更に、帰化した者が意図的に子、孫に働きかける事もまた当然ありうる。

日本に帰化した中国人で、自身の中国人としてのアイデンティティは手放さない、子供にも教えると公言する者がいたとの事だ。

このような者は子が政治家や公務員にでもなれば「貴方のルーツは中国なのだからその事をよく考えなさい」とでも言って、中国の利益になるよう使嗾するだろう。

あるいは、そもそも、自分の子、孫を自国の為に働く政治家や公務員にするために帰化する者も出てくるだろう。

無論、言われた子、孫の中には、自分は日本人だ、そんな事はできないと拒否してくれる人もいるだろうが、皆が皆、そのように日本の為に毅然と拒否してくれるという事は期待し難い。日本の政治家、公務員でありながら自分のルーツがある国の為に動く者は間違いなく出てくる。

 

自身のルーツに迷い、それを乗り越えた方は時として120パーセントの日本人になろうとする事がある(日本に限った事ではないが)。そのような方について参政権を認め政治に携ってもらう事は日本の為にメリットはある。

しかし、逆に、自分のルーツである国の利益を図る、日本を破壊する意図を持った者を政治家や公務員にしてしまった時のデメリットはデメリットなどという生易しいものではない。亡国に直結しかねない。

そして、政治家や公務員になろうとする者の心底が如何なるものかは見極めることはできない。

 

帰化者への参政権付与に世代数制限を

結局、日本の存立、国民の生存と安全を守るために、帰化者への参政権付与につき、一律に、最低でも3代の世代数制限程度は設けざるを得ない。

この事は、帰化1世であれ、2世3世であれ、真に日本のために働きたい人まで排除してしまう結果にはなる。

特に、自身のルーツを選ぶことはできない2世3世の方は自身の責任でない事の為に政治家や公務員になる途を閉ざされる事になる。

しかし、真に日本を愛し日本の為に働く意思があるかを見極める方法などない以上、これは仕方がない。仕方がないのだ。

仮にそのような方法があったとしても、最初は真に日本の為に働く意思があったが、やはり祖国は忘れられなかった、自身のルーツを吹っ切る事はできなかったという事だってありうる。

 

外国にルーツを持つが日本の為に働きたい方。

ずるい言い方になるが、日本を思ってくれるのなら、日本の為に働く場は政治以外に求めて欲しい。