私の来歴について

他に投稿した記事でも述べたように、私は日本の政治は日本人の手で、日本人の為に行うべきと考えています。

その為には、政治家、あるいは公務員について帰化して直ちに政治家や公務員になれる今の制度を改め、帰化後の世代制限を設けるべき。具体的には、被選挙権については少なくとも3代の日本国籍があり、かつ、帰化の事実もないこと、選挙権・公務就任権についても少なくとも帰化1世には認めるべきでないと考えています。

帰化者への参政権付与に世代数制限を

政治家の配偶者の国籍について

もっとも、制度の改正を求めるということは現在はこの点について何らの法的制約がないということではありますが、であれば、公選の公職の志望者は自身の来歴を公開すべきとも考えます。有権者たる日本国民にとって重要な判断材料だからです。

そこで、私の来歴を公開します。

 

ただ、存命の親類もいることから、氏名や本籍地等を公開することは難しく、戸籍は下に掲載したように該部分は伏せざるを得ません。

この点、被選挙権等に複数代の国籍制限を設け、立候補予定者について戸籍を確認・認証する団体を設立する予定です。

とりあえず現時点では、自分で自身を証明するという変則的な形となりますが、司法書士の職責にかけて、以下の事実に相違がないことを誓約します。

 

以下、私の戸籍となります。

世代の数え方は、自身を1代目として遡る方法によります。

 

本人(1代)及び2代(父母)

 

本人及び父母共に日本国籍、かつ、帰化情報なし。

本人は配偶者なし。

 

父方

3代(祖父母)

 

日本国籍、かつ、帰化情報なし。

 

4代(曽祖父母)

 

日本国籍、かつ、帰化情報なし。

 

母方

3代(祖父母)

 

日本国籍、かつ、帰化情報なし。

 

4代(曽祖父母)

 

日本国籍、かつ、帰化情報なし。

 

先祖は武士だった?

祖父母は共に亡くなってしまっているのですが、金田の先祖は武士だったと話していました。

ところが、大叔父が先祖のことを調べた際、名字として金田が出てくるのは明治になってからとのことでした。箔をつけるために武士だったと主張していたのかなとも思っていました(もっとも兵農分離前は武士と農民・商人との区別は曖昧なのですが)。

しかし、昨年、祖母の法事の際の伯父の話では「足軽大将だった。厳密には士分には区分されないため(藩によって差異はあるようです。石川県・能登加賀、前田藩の取扱いをご存知の方、教えて頂ければ幸いです)、名字は持っていても公式には名乗れなかったのだろう」とのことでした。

大叔父は直接会うことなく亡くなってしまっており、一度会って話を聞いておくべきだったと悔いています。

 

金田という名字の元々の由来は分かりませんが、「かね」は元々はゴールドではなく広く金属を表す言葉でした。

黄金(こがね)、白銀(しろがね)、鉄(くろがね)等に種類が分かれます。

推測ですが、製鉄に関わる一族だった、あるいは、武器(鉄製)を取り扱うという意味で武士だった可能性もありえます。

いずれにせよ戸籍を見ていると、こういうルーツがあって自分がいるのだということが分かって非常に面白いです。木の股から生まれてきたのではないという言葉も腑に落ちますし、アイデンティティも意識します。

逆に、戸籍廃止を主張する人達の狙いも形になって見えてもきます。

 

話が逸れましたが、以上、私の来歴です。